ストレスフリーな住まいを目指そう

自分が生活しているイメージが大切

最近、私の兄姉が家を建てたのですが、家を建てることはほとんどの人にとって一生に一度の経験なので家を建てる前、建てている時に確認しておきたいことはいろいろあると思います。
まずは分かりやすいところで言うと間取りがありますが、自分の家なので自分の好きな間取りを考えると思います。
ですが、図面の上と実際の間取りって意外と違うんですよね。
アパートを借りるときなどでも、図面の上では結構広いイメージだったのに、実際にその間取りの部屋に行ってみると狭かったり、部屋から部屋への移動が不便だったりということが結構あります。
アパートなら引っ越せば良いですが、家を建てるときはそうもいかないので、図面上の間取りから実際がどうなるかをしっかりイメージすることが重要だと思います。
また、間取りの確認と似ているのですが、扉を開け閉めするときの方向や電源、コンセント、電話、テレビ線などの位置もしっかりと確認しておいたほうが良いですね。
実際に生活するときにドアの開け閉めする方向やスイッチ、電源の位置などはかなり重要になってくるんですよね。
ちょっとのことで生活が不便になったりするので、家を建てるときにはぜひ確認しておきたい事だと思います。
他にもいろいろありますが、一度その家で自分が生活していることをイメージしてみることが大切だと思います。

Copyright (C)2015ストレスフリーな住まいを目指そう.All rights reserved.